講師について
前回のようす
参加者の声
お申し込み


家族理解ワークショップは、2006年8月から

東京を会場に行われている、対人援助サービスを

提供する立場にある方達を対象にした、自己成長促進エクササイズです。



「家族」という集団は、時に強い絆で力を発揮するかと思えば、

ある場面ではとても危うく、傷口を広げる存在にもなりかねません。



教育機関や看護・介護の現場、公的機関の対人援助部門など、

様々なシーンで「人」に対するサービス(ヒューマンサービス)を

提供する立場にある人にとって、

家族をどう扱うかというのは、とても重要です。

その扱い方で問題や課題を

スムーズに解決に導くことができる場合もあれば、

余計にこじらせる場合もあるからです。



このワークショップでは、そんな「家族」についての色々を学びます。

講師の団士郎氏は、家族心理臨床家の立場で

様々な家族問題や課題を見てきました。

その中で得た知見を共有し、家族の思考や行動パターンを理解し、

また、扱いに対しての反応パターンを理解し、

それぞれの現場で生かしてもらうことを目的としています。



私人としても、ほとんどの人が家族の構成員ですから

「自分のために」という個人参加も歓迎です。

毎回6時間と長丁場ですが、

ワーク(共同作業)が主体のプログラムですので、

あっという間に時間が経過します。



ぜひ一度、ご参加ください。


詳しくはこちら


2014-2017 asoblock Inc. all right reserved.